2016年02月01日

2016年 第1回TNRご報告

2016年1月22〜31日にかけて今年最初のTNRを実施しました。
ご協力くださった餌やりさん、施術病院様ありがとうございました

今回はメスが5匹(うち1匹は避妊済み)とオスが2匹の合計7匹でした。

今回実施した周辺の野良猫の中におなかが大きいと思われる猫がいるとの情報を頂き
早速捕獲器を仕掛けることに。

1/22〜23 
捕獲器に入った2匹は茶トラ(ベージュ)さんとキジトラさんでした。
2016-01mugiwaratora.jpg
この子はまだ成猫ほど大きくありませんでした。
里親を探す予定です。大きなアーモンド目が愛らしい
くしゃみを頻繁にしていたので、保護できてよかったです。

2016-01kijitora.jpg
キジトラさん

この日、もう1匹入った子はすでに耳カットが施されていたのでそのままリリースとなりました。

1/24〜25 
捕獲器に入った2匹は白黒子猫さんと三毛さんでした。
2016-01shirokuro1.JPG
白黒子猫さんはお里親探しを検討中の為血液検査もすることに。
この子は実は4兄弟のようで、捕獲の際に他の3匹がじっと見ていました。
捕獲器が空いたら他の子たちも保護したいところです

2016-01mike.jpg
三毛さん

1/26〜27
動物病院にて手術・耳カット・ワクチン・里親に出す予定の子は血液検査を済ませました。
三毛さんも病院へ連れて行ってから耳カットがあったことが分かりワクチンとレボリューション
のみして貰い、戻ってすぐのリリースとなりました。

1/28
成猫のキジトラさんをリリース。元気でね

捕獲器が空いたのでとり残した白黒の子猫の兄弟を捕獲すべく再び捕獲器を設置。
すぐに兄弟の子猫が入り、夕方に回収に行くともう1匹の兄弟が入っていました。
201601-shirokuro2.jpg2016-01shirokuro3.jpg
3兄弟は全員白黒です。残る1匹、黒猫の子猫が心配そうに見ていました。
大丈夫だよ、君も迎えに来るからねと言葉が通じたら言ってあげたい。
切なくもどかしい瞬間です

この日は別の場所でも1台仕掛けており、お目当ての子ではなかったのですが
前から気になっていた、黒猫さんが入ってくれました。(取り残した子ではありません)
2016-01-7choumekuro.jpg
毛艶のいいまだ若い黒猫さん、ころころとしていて可愛らしい

1/29
取り残した子猫が気になっていてもたってもいられず、雨の中ダメ元で捕獲器を設置。
しかし、小さな子猫には激しすぎる雨が1日中降り続き、結局この日は作業を断念しました
ひとり心細いのではないか、とても心配です。

1/30〜31
動物病院さんにて手術・耳カット・ワクチン・里親に出す予定の白黒兄弟は血液検査を済ませました。
白黒さんのうち1匹はオスでしたが停留睾丸とのことでメスと同様開腹手術となりました。

結局、妊婦猫さんは姿を現すことはありませんでした。寒空の中、出産を迎えていないと良いのですが・・・

1/31まで黒の子猫ちゃんを求めて、捕獲器を設置し続けましたが入ってくれないどころか姿も見かけませんでした。
他の子が入った時すぐそばまで来ていた事を思うと心残りで仕方がありません。
引き続き捕獲器を置き続ける予定です。このまま1匹だけが取り残されて野良になってしまうのは悲しすぎます。
わたしたちが引き離したことでそんな不幸な目に会わせるわけにはいきません。
他の3匹と再会できるまでどうか元気に育ってほしいと祈るばかりです。

お読みいただきありがとうございます




posted by ぶぶのともだち at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433058963

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。